両親起訴 発覚恐れ衰弱放置 東京地検

両親起訴 発覚恐れ衰弱放置 東京地検

 東京都目黒区の船戸結愛(ゆあ)ちゃん(5)が両親から虐待を受けて死亡した事件で、東京地検は27日、保護責任者遺棄致死の罪で、父親の無職、雄大容疑者(33)と母親の無職、優里容疑者(26)を起訴した。  起訴状によると、1月下旬ごろから、結愛ちゃんに十分な食事を与えず、2月下旬ごろには雄大被告の暴行で極度に衰弱しているのに、虐待の事実が発覚するのを恐れて病院に連れて行かずに放置。3月2日に肺炎による敗血症で死亡させたとされる。  雄大被告は死亡翌日の3日に傷害容疑で逮捕され、その後、起訴された。2人は今月6日、保護責任者遺棄致… この記事は有料記事です。 残り353文字(全文617文字)